診療のご案内|逆瀬川かとう整形外科 宝塚市・阪急逆瀬川駅直結|整形外科 リハビリテーション

逆瀬川かとう整形外科

診療のご案内

診療内容

整形外科
整形外科は、『運動器』の外傷や障害による損傷などを診断・治療する専門科です。
当院では、小さなお子様から成人、お年寄りまで幅広く診療を行っております。地域にお勤めの方や住民の皆様の、整形外科の「かかりつけ医」になれますよう、どんなことでも話せるような雰囲気づくりに努めておりますので、運動器のことで不安や悩みがあるという方もお気軽にご相談ください。
詳しくはこちら
リハビリテーション科
リハビリテーション科では、ケガや病気などで痛みや障害がある患者さまが、できるだけ早く社会や日常生活、スポーツ活動に復帰できるように、治療・訓練を行います。
当院では、理学療法士※が中心になって、最新の医療機器を使用しながら、運動療法や物理療法を行います。
詳しくはこちら
スポーツ整形外科
スポーツ整形外科では、スポーツによる外傷や障害の診療を行っております。 当院長はスポーツドクターとして、各スポーツ種目による傷害の特殊性を考慮し、早期復帰を目指して、適切な治療ができるように努めております。また、治療だけではなく、リハビリテーションを組み合わせることで、傷害予防にも注力し、皆様のスポーツ活動をサポートしています。
詳しくはこちら
骨粗しょう症治療
骨は、毎日少しずつ壊されながら、新しく作られることを繰り返しています。骨粗しょう症は、このバランスが崩れ、骨の量の減少や、骨の質が低下することで骨の強度が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。
当院では、最新型の骨密度測定装置「DEXA法」を取り入れた検査、薬物療法による治療、運動・食事療法による予防まで対応しています。
詳しくはこちら
関節リウマチ
関節リウマチは、免疫の異常によって四肢や脊椎に多発関節炎を生じ、進行すると骨や軟骨が破壊されて関節に変形が起こり、関節痛や機能障害を起こします。
当院では、血液検査やレントゲン検査、関節症状等を総合的に判断し、早期診断・早期治療に努めています。
詳しくはこちら
ロコモティブシンドローム
ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ)は、運動器の障害(骨粗しょう症や変形性膝関節症などの骨や関節の病気等)のために移動能力の低下をきたし、進行すると介護が必要になるリスクが高い状態のことです。
運動器は、人の健康を支える基盤でもありますので、ロコモの可能性が疑われる方、また将来に向けてロコモが心配な方は、お気軽にご相談ください。
詳しくはこちら

インターネットからの順番受付

パソコン、スマートフォンなどからインターネット順番受付がご利用いただけます。

インターネットからのweb順番受付予約

ご持参いただきたいもの

  • 保険証(毎月の月初めにもお持ちください)
  • お薬手帳
  • お持ちの方は、
  • 他の医療機関からの紹介状
  • 検査結果(レントゲン検査、CT検査、MRI検査)
  • 医療受給者証など

診療のながれ

診療のながれ
  1. 受付にて問診票をお受け取り、待合室でご記入頂きます。
  2. 待合室にてお待ちください。
  3. お名前が呼ばれましたら診察室にお入りください。
  4. 診察室では気になることなど、何でもお話しください。
  5. 処置、検査、リハビリテーションなどをおこないます。
  6. お会計(診察券をお渡しいたします)

2回目以降(再診)の場合

リハビリがない患者さま
  1. 待合室で問診票にご記入頂きます。
    「前回来院時からの症状の変化」、「今日はお薬が必要か」「注射希望」など
  2. 前回、レントゲン検査や採血検査などの指示が出ている場合、先に検査を行って頂きます。
  3. 検査後に診察を行います。
リハビリがある患者さま
  1. 受付でリハビリが目的である旨を、お伝え下さい。
  2. 待合室でお待ち頂くか、リハビリ室へ向かっていただきます。

ご受診にあたって

  • 就・転職などにより、ご加入の健康保険が変わった際は、新しい保険証を受付にご提示ください。
  • 住所や電話番号など保険証の内容に変更が入った際は、受付にお知らせください。
  • 他の医療機関で薬を処方されている場合は、お薬手帳をご提示ください。
  • 妊娠中、および妊娠の可能性がある方は、必ずお申し出ください。

当院では、個人情報の取り扱いにはスタッフ一同、細心の注意を払っておりますので、安心してご受診ください。

診療時間

逆瀬川かとう整形外科 診療時間表

PAGE TOP